闘病生活〜寛解導入1日目〜「急性骨髄性白血病」

1日目(2020年10月29日)

朝早くに看護師さんが部屋に来ました。

「採血します。」

めっちゃ血を取られました。

熱測って、血圧測って、病室内の簡単な説明をしてくれて

コンコンッ

「おはようございます。お食事です。」

一日が始まりました。

この日から毎日朝ご飯の時間は実家に電話し、テレビ電話をしながら一緒にご飯を食べています。

毎朝電話できたのも私の病室は、無菌室で個室だった為です。

後から聞いたらこの病室は寛解導入治療や骨髄移植する前の人などが入るみたいです。

私の場合は、最初の治療の為『寛解導入治療』でした。

1日目(2020年10月29日)

抗がん剤治療開始!

夜になると少しずつ体調が悪くなっていく。

体が怠い。今思うと抗がん剤で殺している白血球が最も多いから体がしんどかったんだなと。

それよりもとにかく乳腺炎が痛くてそれどころじゃなかった。

急に授乳止めて乳腺炎になっているのに、抗がん剤や持続点滴で大量の水分を体に入れている為

そりゃ痛いに決まってる。

母乳を少し絞って、

母乳を絞っている時に医師が来たのは少しびっくりしました。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA