闘病生活〜地固療法2回目・11-15日目〜「急性骨髄性白血病」

11日目(2021年1月29日)

今日は一日ゆっくり考える期間。

気持ち悪くてほぼ寝てたけど、。

12日目(1月30日)

この日は私にとって一番と言っていいほど転機になった。

旦那・母と時間をとって話し合うことにした。

予め看護師には伝えた為、部屋に入ってこないようにしてくれた。

自分の本当の気持ちを素直に伝えた。

13日目(1月31日)

原因自分論。何かあったとしても、全て原因は自分にあるという考え方。

今までは、原因は自分にあるから自分が悪い。と考えていたが、この考え方は間違っていて

物事の原因は自分にあるからどうしていくか。を考える。

そうしたら心が軽くなった。

14日目(2月1日)

今日姉から「結婚して旦那の姓にすると早死にする」と

いつも子供の字画を見てもらっている人から言われたと聞かさせた。

それも、私以外の家族全員、私が結婚する前から知っていたとのこと。

びっくり。そして怖い。w

たかが名前、されど名前。

実際に白血病になってるし。。

今回こんなに大変な病気になったから、早死にから回避できないかなって思う。

もしかしたら、今回はおじいさんとお婆さんが守ってくれたのかも。

そして、入院当初、父が戸籍上の名前を変えないかと本気で言われたことが、やっと理解できた。

言わないようにしてたのも理解できるが、姉が言ってくれたのも理解できる。

そして、私からすると言ってくれて良かった。

15日目(2月2日)

今日いつも子供の字画を見てもらっている人に姉から全て聞いたことを伝え、

今後どうしていくのがいいのか相談した。

しかし、私が現在入院しているという状況を考えるとあまり心を傷つけたくないと思っているのか、返事が腑に落ちない答えばっかり。。

そして、「姉に怒っときますね」って言っていた。本当に電話したらしい。w

人によって考え方が違うのだから、怒る必要はないとは思ったけど。

自分にとって凄く大事なことを、他の人が黙っていることについて皆んなはどう思うのかな?

私からしたら、私の人生なのだから言って欲しい。

それも27歳で十分大人なんだから。

聞いてから、夫婦別姓について考えるようになった。

現在は女性の社会進出が増えているから夫婦別姓を望む声も出ているが、私みたいに結婚を期に、苗字が代わり画数が良くないと言われる人もいるのかなって思った。

旦那は長男でもちろん家系を守るために自分の姓を守っていきたいと言っている。

理解する。私でもそうする。

そうなると夫婦別姓制度がない今、私の下の名前の漢字を変えるしかない。

でもそうなると、今まで持っていた「苗字」を失い。親が付けてくれた「名前」を失うことになる。それはそれで怖いし、本心はそこまでしたくないと今の段階では思う。

もちろん名前が変わったからって本質的に夫婦の関係が変わるわけでは無い。

でも、精神的に違うよね。

菅さんは夫婦別姓制度に積極的では無いが、世の中の考え方が変わり制度を認めてくれることを心から願う。

話は変わるが、久しぶりに幼馴染2人と電話した。

楽しかったーー。

考え事ばかりで疲れたから、幼馴染みとの電話は気分転換になった。

皆んな日々成長してるなって感じた。

追記

この5日間は自分の体より、闘病中の家族との関わりが中心です。

正直体調も覚えてません。それよりも色々な出来事が起きてそっちに意識がいっていたことを覚えています。

また、地固療法2回目の入院は個室に入っていたので、比較的家族や友達と連絡が取りやすかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA