海外旅行前に最低限やっておくと良い事7選

こんにちは、日彩乃です。

数年前までは年に1回以上は必ず行っていたのですが、最近はコロナで中々行けないのが悲しい。

今まで約18か国を旅してきて、経験上これだけはやっておくと良い事。を紹介したいと思います。

観光スポットの事前調べ

えっ当たり前でしょ。と思う方も多いかと思います。

しかし海外旅行何回か行っていると、その土地に行けばどうにかなるでしょ。みたいな謎の余裕が生まれます。笑

実際私もありました。行きたい場所に行けなくてもまあ良いやという人には、現地に行ってから観光先を計画するのも良いかと思います。

しかし、ここだけは外せないという方には必ずそのスポットはどこにあるのか。どうやって行くのか調べましょう。

私の体験談ですが、主人とインドネシア旅行をした時、私はバリでゆっくりしたくて、主人は世界遺産だけは絶対観たいと言っていました。しかし、主人も私も世界遺産がある場所、行き方をしっかり調べなかったので、

バリについてから、まさか世界遺産は、違う島にあって、飛行機でないと行けない事が分かりました。

世界遺産を観に行くことだけは譲れない主人。その為、せっかくバリでゆっくりしようとしてましたが、急遽予定を変更することになりました。

せっかくの楽しい旅行をより楽しくするためには、

  • どこに行きたいのか
  • 行きたい観光地はどこにあるのか
  • どうやって行くのか
  • どれだけの滞在時間が必要なのか

最低限この4つは調べておきましょう。

SIMがどこで買えるか事前調べ

最近ではSIMフリーの携帯も増えています。そうすると旅行先でSIMを購入する事で、今使っている携帯を使う事ができます。WIFIを持って行く人はSIMはいらないかも知れませんが、現地のSIMを購入できれば持ち歩く物も減って、いつでもどこでも携帯を使う事ができます。

私がいつも調べるのは、

・どこでSIMが購入できるか

→大体空港で購入できます。街中の大手キャリアはいいですが、個人でやっている店はぼったくられたり、SIMが壊れやすかったりするので要注意です。

・どのキャリアがおすすめか

・プランはどんなものがあるか

→事前に調べたものがない時は、調べたらこんなプランあったんだけどと店員に伝えると、最初に見せてくれたプラントは異なるものが出てきたりします。これは実際にシンガポールでありました。

・キャリアの営業時間

→飛行機の関係でキャリアが閉まっていて、後日SIMを購入したくて探すというと時間の無駄です。なので営業時間を事前に調べておきましょう。もし、どうしても閉まっている時間にしか到着できない場合は、予め街中のどこで購入できるか調べておくのもいいかと思います。

行く国のタクシー事情

旅行中の移動手段として、公共交通機関を使ったりする事があると思います。

しかし、飛行機を降りて大きな荷物を持って慣れない公共交通機関を使うのは大変なので、タクシーを使う方も多いのではないでしょうか。

しかし、空港には本当に色んなタクシーの種類が。笑

観光客を狙って、呼び込みしているタクシー運転手がとても多いです。

なので、事前に行く国タクシー事情を調べておくといいでしょう。

実際に調べるといい事は、

  • 有名なタクシー会社
  • 大体の使用料金
  • 空港の場合、どこにタクシー乗り場があるのか

行く国物価・通貨

海外旅行に行く際、幾ら現金で持っていこうと悩む方も多いかと思います。

その時は行く国の物価や現地で何をしたいかで決めると良いでしょう。

現在はクレジットカードを使える国が多いですが、観光地によってはカードで払えないこともあります。

また、タクシーなどもUberなどのサービス以外はカードで払えないことも多いです。

また、通貨を知っておくのも重要です。

例えば、換金する際に日本でいう”10,000円”ばかりに換金されたらどうでしょう。

街中ではとても使いづらいです。また、最初に使う現金といえばタクシーですが、タクシー運転手はそこまで両替を持ってない事が多いです。

そんな時に、”1,000円”や”5,000円”があった方が使いやすいですよね。

なので、物価と通貨合わせて事前に調べておく事をお勧めします。

治安

これは必ず調べてください。

治安の良し悪しによっては服装や持ち物が変わってきます。

治安の良い所ではあまり気にしなくても良いのですが、

治安が悪い所では、できるだけ服装は派手にせず、服の中にパスポートやお金をしまっていました。

また、街中を歩く時もできるだけガイドブックは開かないようにしました。理由は観光客と一目でバレてしますからです。携帯を使う時も周りを警戒しながら使っていました。

ビザ要件(出入国条件)

「長い飛行機を終え、やっと空港についた!後は入国だけだ!」

という時に、「ビザ要件に達してないので帰国ください。」

と言われたら、とても悲しいですよね。

そのようなことを防ぐために必ずビザ要件を調べましょう。

特に、

  • パスポートの有効期限
  • 事前にビザ取得が必要かどうか
  • 事前ワクチンが必要かどうか
  • その他入国に必要なものはないか

日本人にとって事前にビザを取得しなくても、入国できる国が沢山あります。

それは、日本という国が他の国から信頼を得ているからです。

ベトナムの友達の話では、ベトナムから他国へ旅行しようとするとほとんどの国で事前にビザ取得が必要になるそうです。また、ビザ取得の要件に貯金残高。もあるみたいで、びっくりしました。

また、ベトナムの話で言うと、ベトナムに入国時ビザは要りません。しかし、出国後1ヶ月以内は再入国できません。

このようにイレギュラーな出入国条件もあるので、事前に調べておくと良いでしょう。

出入国カードの書き方

意外に重要なのが、出入国カードの書き方。

飛行機の中で記入する事が多いと思いますが、飛行機内ではWIFIをレンタルしていても使う事ができません。

そして、出入国カードは英語が書かれてないものもあります。

「え?どうやって書けばいいの?分からない」

「キャビンアテンダントに聞くのも怖い」

という方には予め出入国カードの書き方を調べる事をお勧めします。

私の場合は「国名 出入国カード 記入例」で検索して記入例の画像を携帯に保存していました。

そうすると、各項目の意味や書き方が分かるのでおすすめです。

出入国カードに関しては、英語で記載されている場合は念のためオフラインでも使える携帯アプリをダウンロードしていました。これが結構役に立ちます。

まとめ

海外旅行前に最低限はやっておくと良い事7選

  • 観光スポットの事前調べ
  • SIMがどこで買えるか事前調べ
  • 行く国のタクシー事情
  • 行く国物価・通貨
  • 治安
  • ビザ要件(出入国条件)
  • 出入国カードの書き方

せっかくの海外旅行。思いっきり楽しみたいですよね。

海外旅行を充実させたい方はぜひ参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA