海外旅行におすすめの国5選〜東南アジア編〜

こんにちは、日彩乃です。

今回はコロナ後に行きたい海外旅行。おすすめの東南アジアの国5選を紹介したいと思います。

私は今までに東南アジア以外の国を含め18か国に旅をしてきました。

世界中を旅している方から比べるとまだまだ少ないですが、社会人になって東南アジアで働いていたこともあり、

週末や長期休みは近隣国に旅行をしていました。

今回紹介する国も実際に旅行した上で、おすすめしたい国となっています。

おすすめの東南アジア国1〜シンガポール〜

シンガポールは有名ですね。治安も良く、数日で回れるのがいい点。ご飯も美味しく、街も綺麗です。

英語が必須になるのは障害になりますが、携帯のアプリを使えば問題ないかと思います。

安心して旅行ができるのがいい点。物価は少し高めですが、地元の人たちが行く、レストランはそこまで高くないかも?

無料の施設やイベントも沢山あるので是非チェックしてみてください!

国の面積はそこまで大きくないので、有名な観光地を沢山回るのもいい点です。

ゆっくりしたい方は、ホテル選びが重要です。

一度は宿泊してみたかった、有名なマリーナ・ベイ・サンズは、忘れられないホテルの一つです。

泊まった時がたまたま主人の誕生日だったので、予約の際に予め伝えておいたら、ケーキを用意してくれました。

また、たまたまグレードの高い部屋が空いていたとのことで無料でグレードアップもしてくれていました。

スタッフの対応がとても良くて、魅力的な方が多いなという印象が強いです。

そして、宿泊者しか入場できない屋上のプールも印象的です。

インフィニティプールからの景色は絶景でした。

少し贅沢してもいいかなと思う方には、シンガポールがおすすめです。

おすすめの東南アジア国2〜タイ〜

思ったより栄えているタイ。

電車は使いやすく、日系のモノも簡単に手に入る。また日本でも有名なタイ料理。

本場の味は絶品で、また食べたいな!

タイと言ったらマッサージ。女性でも安心して行けるマッサージ店は沢山あります。

物価も安く、観光で疲れた体を癒すのもおすすめです。

海外旅行にあまり行った事がないけど、東南アジアの雰囲気を味わいたいという方にタイはおすすめです。

おすすめの東南アジア国3〜インドネシア〜

有名な観光地と言ったらバリ島にあるバリ。世界遺産で有名なのはジャワ島中部の古都ジョグジャカルタ。巨大な首都ジャカルタがあるジャワ島。

この3つの島は飛行機でしか行けないので注意が必要です。

バリ、ジョグジャカルタ、ジャカルタは全て違う特色を持ち、違う魅力を持っています。

特にバリの夕陽は絶景でした。

その時の気分で行く場所を選ぶのもいいかと思います!

ゆっくりしたいときは、リゾートのバリ。

世界遺産を楽しみたいときは、ジョグジャカルタ。

インドネシアの生活や観光を楽しみたいときは、ジャカルタ。

インドネシアはゆっくり、じっくり観光したい国の一つです。

おすすめの東南アジア国4〜ベトナム〜

活気のある国No.1がこの国、ベトナム。ハノイに行けば世界遺産、ダナンに行けばリゾート、ホーチミンに行けば美味しいグルメ。どこの観光地も活気があって、一度行ったら病みつきになります。

数日とは言わず、長く滞在して欲しい国の一つです。何と言っても、グルメが沢山。毎日ベトナム料理を食べても食べきれません。ベトナム料理以外にも本格的なエスニック料理も楽しめ満足度星★★★。

それ以外は、とにかく物価が安い。おいしいご飯を食べても、可愛い雑貨を買っても、全てが安い為ついつい沢山買ってしまいます。

治安はそこまで悪くないですが、盗難やぼったくりには気をつけて。

それでもおすすめの国です。

おすすめの東南アジア国5〜ミャンマー〜

一番衝撃を受けたのがこの国、ミャンマー。

私が行った時は与党・国民民主連盟(NLD)を率いるアウンサンスーチーさんの時代に行った為、今より治安が良かったです。

東南アジアの国でタクシーにぼったくられるのは日常茶飯事だったのですが、ミャンマーでは一切そんな事がなかったです。タクシーの運転手も、レストランのスタッフも仕事だからか国民性なのか、とてもいい対応をしてくれました。

ミャンマーでは穏やかな時間を過ごす事ができました。

また、世界遺産も素晴らしい。ガイドをつけて世界遺産を見に行ったのですが、景色も素晴らしいし、ガイドの内容も良かった。こんな事なら、もっと世界史を学んでおけば良かったと思いました。笑

是非、チャンスがあれば行って欲しい国です。

旅行で気をつけること

旅行で気をつけることは何点かありますが、今回は6点紹介したいと思います。

  • 通貨
  • SIM
  • 飛行機
  • タクシー
  • 貴重品管理
  • ビザ要件

通貨→特にベトナムでは0の数がやたら多いです。その為、ぼったくられやすい。予めその国の通貨の勉強をするのをおすすめします。

SIM→携帯は翻訳だったり、道を調べたりするのにとても役立ちます。基本的にどこの空港でもSIMを販売しているので、予め人気のキャリアを調べておくといいでしょう。また、飛行機の到着時間によっては、SIM販売のお店がしまっている事があるので飛行機の到着時間とSIMの営業時間も調べておくといいかと思います。

飛行機→特に気をつけたいのが国内線。旅行先で国内移動をする時は有名な航空会社を選ぶといいでしょう。初めて聞く航空会社は有名な航空会社と比べて安かったりしますが、遅延が多かったり、サービスが悪かったりします。せっかくの楽しい旅行が飛行機の乗り継ぎに時間を取られてはテンションが下がりますよね。

タクシー→空港から降りるとやたら人が寄ってきて「タクシー」と言っていたります。こちらはぼったくりが多いので注意が必要です。

予め、有名なタクシーと乗り場を調べるか、Uberなどのアプリを使うのもおすすめです。Uberだと予め金額が設定されていて、目的地も記載されているのでよっぽどぼったくりはないと思います。Uberを使う時はSIMも必要ですね。Uberのタクシードライバーでも「タクシー」と言って近づいてきます。なぜか。Uberの仕組みを理解すると分かります。オンライン上でタクシーをお願いするとその売り上げの何%かはUberの利益になります。しかし、オンラインで決算せず、現金で支払ってもらえれば、タクシー運転手あ100%自分の利益になるからです。なので、Uberを使う場合でも気をつける必要があります。

Uber以外でも、ベトナムではGrab(グラブ)やインドネシアではGojek(ゴジェック)という会社もあります。

貴重品管理→タクシーを降りる時財布を鞄にしまう前に降りて、外で財布をしまう事はありませんか。また、カバンをしっかり持っていないことはありませんか。外での盗難はそんな時に起こります。タクシーから降りた習慣、2名乗りのバイクが近寄ってきて鞄ごと持ってかれた。抵抗しようと離さなかったら、そのまま引きずられて怪我したという話も聞いた事があります。また、携帯でUberを予約している時に、携帯を取られたという話も聞くので、特に治安の悪い国では気をつけましょう。

ビザ要件→入国の際に重要となってくるのがビザ要件。こちらはパスポートの期間だけではなく、何日間入国できるか、また、前回の入国後何日経っているかなど確認する国もあるので要注意です。

まとめ

興味を持っていただいた国はあったでしょうか。

東南アジアでもまだ行っていない国が何か国かあります。

いつか行きたいな。

海外旅行はテンション上がりますよね。楽しい海外旅行にするためにも事前準備はしっかりしましょう。

早くコロナよ終われ!

そうしたら、思いっきり海外旅行を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA