海外就職経験者が思う【海外就職の醍醐味】(東南アジア編)

こんにちは、日彩乃です。

新卒で海外就職したのですが、ぶっちゃけ海外就職ってどうなの?という話です。

もちろん悪い点もありますが、良い点もあります。

今回は良い点・醍醐味について記載していきます。

新卒で海外就職の話はこちら↓

私が新卒で海外就職した理由

海外就職とは

海外就職とは国外で勤務すること。

雇用形態は駐在員採用と現地採用があります。

駐在員の場合は日本にある企業から任期が決められていて任期後は日本に戻るのが一般的です。(但し、企業による)

現地採用は現地拠点と直接雇用契約を結ぶ為、現地の労働法によって雇用条件が変わってきます。

給与も現地の水準に合わせる為、駐在員として海外で働くよりは低い印象です。

ここだけみると、できれば駐在員として海外で働きたいですが、駐在員として働けるのは会社でもごく一部。中々険しい道のりです。

その点、現地採用は直接現地拠点と雇用契約が結べる為チャンスは多いです。

しかし、日本から住民票を抜いて、働いても日本ではなく現地(働いている国)に税金を納めているので、日本の公的支援をどれだけ受けれるか調べる必要があります。(日本の公的支援を受けるのが厳しい為、基本的には海外医療保険を福利厚生に入れている会社が多いです。)

海外就職の現状を知った上でも、海外に挑戦したい!という方に醍醐味を紹介したいと思います。

異文化を学べる

やはり、海外の”現地”で仕事ができるというのは異文化を学ぶのにうってつけです。

現地のスタッフと仕事をすると最初はカルチャーショックを受けることでしょう。

日本の当たり前が当たり前ではないのです。たとえ日系の会社だとしても働いているのは違う国。

働いている人も異なった文化を持った従業員。

日本流の文化を強要すると衝突が起きたりします。笑

そうです。ここでは自分が”外国人”なのです。

ただ、それが面白い。今までの価値観が変わることもあり、良いところは吸収できるので自身の成長にはとても良い環境だと思います。

他業種との交流がしやすい

外国で働く日本人や日系会社の交流会は調べれば結構あります。

異業種交流会や日本人会、大学のOB会や〇〇県人会など色んな集まりがあります。

自分が行ってみたい交流会に参加すると、自分とは違う業種の方と交流ができます。

また、年齢もバラバラな為勉強になることばかりです。

最近は女性も増えてきましたが、異業種交流会への参加は男性が多めのイメージです。

仕事とは違って気軽に色んな方とお話ができる印象です。

ここから仕事に繋がることもあります。

また、調べてみると駐在員妻の集まりなどもあるので、配偶者の方と一緒に行くときは参考にしてみてください。

大手との取引経験を積めるチャンスがある

東南アジアに進出している企業は多くなっていますが、やはり大手企業が多い印象です。

そこで、大手との取引のチャンスも多くなり日本ではできない経験ができることも海外就職の醍醐味です。

また、まだまだ進出して間もない企業では直接現地社長とお話しすることもでき、日本ではできない経験ができました。

経営者との距離感

自分の働いている会社は拠点長(経営者)との距離が近かったように感じます。

また、現地で知り合った同世代(20代)の方たちも、勤めている会社の経営者との距離感が近いようで、同じ会社で働いている日本人が少ない分日本人経営者との距離が近いのでしょうか。

経営者が何を考えて仕事をしているか間近で感じることができる為、ただただ自分の仕事をしているだけでなく

会社を守る・成長させるための目線も身に付くと思います。

経営者との距離が近い分プレッシャーを感じることもありますが、学ぶことの方が圧倒的に多い為むしろ楽しいと思うことが多かったかも。

会社を一緒に作る(大きくする)経験ができる

こちらは海外現地会社だからこそ味わえる醍醐味だと思います。

海外進出して長い企業だと難しいかもしれませんが、時代は常に変わっています。

法律も常に変わっていきますし、ビジネスの形も変わっていきます。

また、会社の成長段階も常に変わっています。

その都度対応するしかないのです。

そして経営者との距離が近い分一緒に会社を作る経験ができます。

しかし、これは実際に自分の業務をしっかりやっている人に限られると思うので、まずは自分の業務を一人前にこなすことが必要です。

私も海外拠点に就任したばかりの時は現地スタッフから厳しく当られていました。恐らく、自分より経験がなくて日本人だからと給与が高いのは気に食わないのだと思います。

しかし、成績をあげることで関係性はガラッと変わりました。

また、自分の業務だけではなく、会社システム構築まで関わるようになってからは自分の業績がいかに相手を納得させれるか思いらされました。

日本の会社だからと年功序列ではなく、結果主義なんだと肌で知らされました。

特に私が働いていたベトナムの文化では会社に属すのではなく、人に属す文化を持っているみたいで

自分がいかに一緒に働きたい人間になるかも重要でした。

営業職だったのですが、会社外営業と会社内営業ですね。笑

これは日本も同じなのかな?(日本で働いたことがないので分からないです、、、。)

こちらは国の文化によって変わるので、他の国のことは人材会社のキャリアアドバイザーに聞いてみると良いかと思います。

考える力が身に付く

今まで述べたように、大手でも進出したばかりなら1から会社を現地で作らなければなりません。

また会社の成長段階も常に変わっています。

日本人も少ない中、自分で考えて仕事をしていくことが多くなります。

もちろん基礎は上司が教えてくれます。しかし、そこからどう成長するかは自分次第で結構変わるのです。

また、異文化で働くことで日本式の価値観が通じない。

成功するには考えるしかないのです。大変なことももちろんありますが、自分で作り出して仕事をするのはとてもクリエイティブで楽しいことです。

特に自分で考えるのが好きな方には楽しい環境かもしれません。

しかし、もちろん大事なのは”基礎”なのでそこはお忘れなく。

デメリット

ここまで沢山醍醐味を記載していきましたが、デメリットはもちろんあります。

身近なことだと、家族にすぐに会えなかったり、現地採用の場合は給料が現地基準の為、その金額でどの程度の生活ができるか、日本に帰るときにはどれだけお金が掛かるかなど考えなければいけません。

また、いざ渡航してみると食や文化が合わないこともあるでしょう。

しかし、こちらは事前にネット調べていたり、旅行などで下調べもできます。

また、”働く環境”でいうと、日本ほど社内システムが整っていなかったり、経営者との距離が近いためプレッシャーを強く感じたり。

日本人が少ない分会食も多いかもしれません。(これは会社によりますし、今後変わっていくかも。)

現地の人は定時に帰り、日本人は残業というのもしょっちゅうありました。

しかし残業も自分の能力次第でなくすことができます。

働いていた最初の時はこんな経験は今しかできないとなんとか食らいついていましたが、働いて1年・2年が経つと安定した成績を出すために効率が大事だと試行錯誤によりほとんど残業をしなくなりました。

ただし、企業の文化もあると思うので面接時に確認することがベストですが、直接聞くのは悪い印象も与えてしまうと思うので就職のキャリアアドバイザーに聞いたり、実際に働いている人に聞いたり。キャリアアドバイザーに実際に働いていると面談はできるか聞いてみるのも良いかと思います。

まとめ

私が思う海外就職の醍醐味を記載してみました。

もちろん、人によって考え方は違うと思うので色んな記事を読んでみると良いでしょう。

ただ、私は海外で就職して本当に良かったと思っています。

特にベトナムで働いている時、従業員の中には仕事が終わったら夜間の大学に通っていたり(大卒だが他の学科を学ぶために違う大学に通う)、言語学校に通っていたり、本当に成長意欲が高い方が多かったです。

残業はせずすぐに帰って、自己投資している姿は見習わないとと思うことばかりでした。

また、海外で働いているからこそできる休日の過ごし方も楽しかったです。

休日の過ごし方についてはまた違う記事にしようかな。

以上私の経験でした!

参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA