投資を始める・始めた方におすすめの本3選【投資】

こんにちは、日彩乃です。

2021年の10月から積み立てNISAを始めて、現在では子供の為に子供名義の口座開設の準備と今後自分たちが向かって行く目標について勉強しています。

元々投資は初心者なのですが、なぜか最初は一般NISAに申し込みをし、現物ETFの石油を買って赤字を出したところから始まりました。

石油を買ったきっかけは旦那の友達が買ったことを聞き、一回自分でもやってみようと思ったからです。

その結果が見事に赤字。赤字覚悟やったので少しショックではありましたが、そこまで大金を入れてなかったこともあり良い勉強になりました。

その後はYoutubeで有名な両学長のリベ大で勉強し、本でも同時に勉強しやっと積み立てNISAを始めることができました。

今後は子供の口座開設だけでなく、自分たちのポートフォリオを完成させていきたいと思っています。

そして、現在でも読んでいる本はありますが、今回は最初に読んだ本を3冊紹介したいと思います。

金持ち父さん 貧乏父さん/ロバート・キヨサキ

→Amazon

この本はお金について学ぼうと思ったきっかけを作ってくれた本です。

具体的にどうしたら良いかというよりかは、お金について学ぶとはどういうことかを記載してくれてます。

本がそこまで好きではない私ですが、スラスラと読むことができ面白いとあっという間に読み終わった本の一つです。

多くの方がおすすめしている理由もわかる本でした。

はじめての人のための3000円投資生活/横山光昭

→Amazon

この本は投資をするためにまず何から始めれば良いのかがわかる本です。

本が苦手な方でも読みやすく、ページ数もそこまでないのですぐに読めるかと思います。

投資と言っても怖いしそこまで大金を使いたくない。まずは小額から始めたいという方に読んでほしい本です。

FIRE 最強の早期リタイア術

→Amazon

こちらの本は、積み立てNISAを始めた人や投資を始めた人に読んでほしい本です。

そもそもFIREとはFinancial Independence, Retire Earlyの略で引退後の「経済的自立」という意味です。

私の場合は早期リタイアを目的として読んだのではなく、投資を始めて出口対策は何かないか知りたくて読みました。

将来の為、老後の為に積み立てNISAを始めたは良いけど、何を目標にしてやっていけば良いのかわかりませんでした。

でもこちらの本を読むことで目標数字はいくつか、そのためにどうしたら良いのか分かりました。

先に紹介した2冊と比べて少し読みずらかったですが、グラフや数値で説明してくれている点で私は納得できました。

また、「経済的自立」をして早期リタイアしなくても良いですし、人それぞれでやり方は変わってくると思います。

その点でも参考になる本ですので、出口対策が分からない。漠然と将来のお金について不安だと思っている方にはおすすめの本です。

まとめ

私は本を選ぶ時は、お気に入りのYoutuberやインスタグラマーが紹介している本から手にとってみます。

そのうち自分が何に興味があるのか、どんな本が読んでみたいのか分かります。

また、本を読むのにも順番があると思います。

もし私が最初にFIREの本を読んでいたら読むのに挫折していたかも知れません。

しかし、紹介した順に本を読んだことで深く理解することができました。

また、本だけではなくYoutubeやインスタグラムでも勉強していました。

まだ投資を始めてないよという方はYoutubeやインスタグラムから始めてみても良いかと思います。

そのうち私が紹介した本に行き着くかも知れません。

また、私は基本的に紙媒体で本を読んでいますが、電子書籍で読みたい方はKindle Unlimitedがおすすめです。

圧倒的に価格が安いですし、本が溜まっていかないのも良い点です。

一応バナーリンクを載せておきます。

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA