再発〜寛解導入治療・31−35日目〜【急性骨髄性白血病】

31日目

今日は朝から調子が悪い。家族との電話もまともにできなかった。

吐き気や胃のむかつき、頭がフワフワするといった感じ。

1日中寝ていて、さすがに日記を書くのが難しかったので、実は2021年8月20日に今の日記を書いている。

どうにかテンション上げたかったので、姉に電話した。

やっぱり元気ハツラツだった。

姉は前から私に良いのお茶を進めてくれていて、病室にもあるのだが、ある日を境に摂取をやめてしまった。ある日とはそのお茶を飲み出して2日後のこと。いきなりCRPの数値が上がったので、

あれっと思い、念のため辞めていた。

一応、CRPは数日前の数値を示してると知っているが、ちょっと怖かったので、やめてた。

その後はCRPは高い数値のまま。お茶を作る作業が面倒で飲んでない。

しかし、心からこのお茶を信じている人たちのパワーが凄い。

そして良い方ばかりなのは伝わってきた。

私も心から信じて飲んでいれば、治るのかな?

まだ、心から信じる事ができていないのが現状。

でも、信じるや素直に試してみるは大事だと分かってる。

もう一回気合を入れ直して日々の生活にこのお茶を取り入れてみようかな。

また、元々皮膚に少し赤みが出て、一気に湿疹が全身に出た。

一応1週間前から始めた抗生剤は中止になり、飲み薬が増えた。

凄い痒みがあるわけではないので助かってるが、気がつくと少し皮膚を掻いているので気を付けないと。

32日目

ついに入院してから1ヶ月が過ぎた。昨日よりも体調いいかも。

相変わらず寝てしまう。

最近変なのが、寝ようとすると頭がグルングルンすること。

あくびは出るから眠たいんだと思うけど、寝させてくれないって感じ。

今日の朝採血をして、好中球は月曜10→火曜20→金曜30とじわじわ上がってる。

でも、数値的にまだまだで、退院の見込みが立たない。

白血球を増やす注射をしてるのにゆっくり。

医師曰く、今まで何度も治療を行っていた為、造血機能が前よりも弱くなってるかもね。とのこと。

確かに前の方が上がり出したら、上がり方が早かったような。

今までの血液データは全て処分した。

取っておくと、何だかまた再発しそうな気何して、、、

結果としては、それに関係なく再発しちゃったけど。

今日は前に入院していたおばあちゃんを思い出した。1度4人部屋で一緒になった事があり、

とにかく病室にはおらず、歩いていたり、病室にいるときも折り紙をしたりとアクティブな方だったな。

その方は、結構年齢が高かったですが、臍帯血移植をして今はもう退院しました。

(4人部屋だとやはり声が聞こえてしまいますね。)

私は、彼女を見ていると勇気が出ました。

前の入院で体力がグッと減ったから、体力をつけているともおっしゃっていました。

本当に凄い方です。

私も負けてられないなと思い。何とか腰をあげ、パソコンをカチカチ。

さっきまで寝ていたのに、今の方が体調いいかも。

寝ていると自分の体のみ集中して、気持ち悪いとか、体調悪いなとか感じやすいのかもしれない。

何かをしているとその時だけは、集中が分散され、思ったより体調は悪くないかも?と錯覚しているのか?!

気持ちの問題はとても大きいと思う。

特に体調が悪い時、気持ちまで暗くなっちゃうけど、どうにか気持ちを上げる方法を考えるのは重要かも。

誰かに電話する。趣味をやる。仕事をするなど。

何でも良い。

私は、誰かに電話したり、日記を書いて、心を整理すると多少前向きな気持ちになる。

これが重要なのかもしれませんね。

33日目

今日は朝から眠たい。というのも、昨晩39度の熱が出て、汗を掻いた後身体が痒くて痒くて寝れなかったので、睡眠薬をもらった為です。

いつもなら起きれる時間にもまだうとうと。

何とか起きたけど、昨日吐いたので、ご飯がなかなか食べられず。

半分くらい残した。その後もあまり調子が良く無く、すぐに家族との電話を切って

午前はずーっと寝ていた。

回診に来た看護師に顔が真っ赤だよ、熱測る?と言われて、熱を測ったら39度超え。自分にとっては無意識だったのでびっくり。

ステロイドの注射のおかげ?ですぐに熱は下がるも、午前中はずっと寝ていた。

そして、昼からはブログを更新して、姉と電話。約2時間も話していたことにびっくり!

ああでもないこうでもない。こんなたわいのない話が楽しいんだよね。

そしたらあっという間に夕食の時間。今まで、食べる量を少なくしてたのでちょっとお腹空いてるかも?!

これは私にとっては凄く良いこと。

今回も入院してからずーっとお腹が空かないからご飯の時間が億劫だったんだよね。

気持ちの問題はありそうだから、何とか美味しいって思おうと思ったりもしたけど、

美味しいものは美味しい、美味しくないものは美味しくないからしょうがない。

特にお腹の空いていない状況だと食べる気にもなれなかったから。

ただ、食べないと体重が減ってしまうから、それが問題。

何とか体重を増やす方法を考えようと思う。

あー、今日は痒みがなく寝れると良いな。

って言ってるのに掻いちゃうよね。。。

34日目

昨晩も案の定、全身が痒くて寝られなかった。

1日2回の薬も塗ったし、氷嚢ももらったり、眠剤も飲んだのに何でだろう。

今日からは痒み止めの注射もしてくれるみたい。

今回の土日は担当医がいてくれたから、いろんな対応をすぐとってくれてよかった。

いつも土日に何か起きるから、土日嫌だったんだよね。

腕などの湿疹は昨日より落ちついてるかも。でもまだ、気付いたら掻いてしまっている。

これがいけないよね。

前回までの入院は冬だったからか、全然痒みがなかったので、痒くて寝れないなんてなかった。

その分、今回湿疹の怖さを知った感じ。

痒いのって地味に精神的にやられるから嫌だ。

また、寝不足といいながら、昨日より体調が良い感じがするからそこは良し。

それにしても昼からトイレの調子がまた悪すぎる。

センサーの反応が良すぎて10分毎にトイレが流れてる。

もう少し様子を見て設備の人を呼ぶか決めよう。

ただ、今日は日曜なのにいるのかな。

とりあえず、今日の日曜が何事もなく終わってくれることを祈る。

35日目

昨日の日曜日は心配していたことは起こらず、何事もなく過ごせた。

本日は採血検査があり、数値は好中球の数が若干上がり60に。

500はないと退院できない為、まだまだですが、少しずつ上がってて良かった。

白血球の数も若干?上がってて、これからもっと上がって欲しいなと言うことろ。

それよりも、赤血球や血小板の数値が中々上がらない事が心配。

今までならとっくに輸血は終わっていて、自分で血を作る事ができてるのに。。

もし、ドナーさんが見つかって、ドナーさんのスケジュールと病院の部屋の空きがあって、遺伝子レベルで癌細胞がなくなっていれば、次回移植の可能性も出てきた。まだまだ分かららない事だらけだけど、

体で色んな変化が起きていて、それに対応してくれてると思っておこ。

また、CRPの数値は前回の11から3まで減っていたので、まだ高い数値とはいえ少し嬉しかった。

しかし、ステロイドも使っているので、スレロイドのおかげかも。

って事で、前回CTを撮って、肛門に膿が溜まっているかもとのことで外科の医師が見に来てくれた。

結果として本日の夕方、切って膿を出すとのこと。痛いけど、そっちの方が治りが早いし、切ったことによりCRPが高くなることはないと言ってた。それならいいけど。

今まで痔もどうにか落ち着いてくれていたけど、やっぱり耐えきれなくなってきている。

本当に身体は最後まで何があるか分からない。自分の身体なのにコントロール出来てないなーって感じてます。しょうがないんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA