急な入院でも大丈夫?!入院時に必要なものリスト

家族が急な入院または、自分が急な入院。何をもっていけばいいの?

と不安になる方も多いのではないでしょうか。

入院手続きで、これは持ってきてくださいと最低限の物は記載されています。

しかし、入院生活が長くなるほど、もっとあれが欲しい、これが欲しいと思うようになるので、

その場合は最初から用意しておいた方が楽ですよね。今回は必要度を考えながらリストを記載していきます。

必ず必要な物

  • 診察券
  • 健康保険証
  • 使用中の薬とお薬手帳
  • 下着類
  • 寝衣等(こちらはレンタル可能です。)
  • ハンガー
  • 履き物(転倒防止の為、かかとが入る運動靴等)
  • 洗面用具
  • タオル
  • バスタオル
  • 石鹸
  • シャンプー
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • 湯呑み(割れないもの)
  • 箸とスプーン
  • ボックスティッシュ
  • クズ入れ(レジ袋等でも可)
  • マスク(入院日数分)
  • 保湿剤
  • 充電器
  • 現金数千円(テレビカード購入など、キャッスレスで買えない時の為)
  • 時計(私の場合は携帯で時間確認してるので持ってないです。)
  • 防水シーツ(必要時)

あったら必ず提出する物

  • 健康保険限度額適応認定証
  • 公費負担医療受給者証
  • 高齢受給者証
  • 介護保被保険証
  • 福祉医療受給資格証(必要な県に住む方)

あったら役に立つ物

  • 爪切り
  • ポケットWIFI
  • パソコン・タブレット
  • イヤホン(備え付きのテレビを見るときは長いワイヤーのイヤフォン、タブレットなどはワイヤレスで可)
  • ボールペン(同意書記載の為によくボールペンを使用します)
  • リップ
  • スリッパ(クロックス以外)
  • 食器洗いのスプレー
  • 洗顔
  • 洗顔ネット
  • ケトル
  • ナプキン(特に女性)
  • ペットボトルに付けられるストロー(熱などで寝たまま水分が補給できるのでおすすめです。)

実際に私が使っているものはこちら

ポケットWifi(WiMAX)

【VisionWiMAX】

パソコン、ノートブック(Macbook)

→私はMacbook Proを使ってますが、今買うなら軽いMacbook Airを買うかなと思います。

タブレット(iPad)

→こちらは2回目以降の入院から導入。小さい机の上を占領しない+疲れたらベットの上に寝ながら見れるので役立ってます。ただ、広い画面で見たい場合はMacbookがおすすめ。

パソコンやタブレットはもちろん持っていればそれを持参してください。

また、価格が高く買えない方はWifiのみを契約してお手持ちの携帯で動画を見るというのも良いと思います。

そして、Amazonには違う商品も売っているので合わせて見てみると良いかと思います。

イヤホン(ワイヤレス)

→楽天で買った形がシンプルなもの使っています。コスパ(2,380円)は良く、使って2ヶ月ですが今のところ問題ないです。付属の充電器も付いていますが、挿し口がUSB仕様になっているので注意です。


イヤホン(ワイヤーあり)

→ワイヤーが長いものをおすすめします。

こちらは病院のコンビニで購入できるみたいです。

食器洗いのスプレー(キュキュット泡スプレー)

→これはかなり便利でした。基本的に使った箸やコップを洗うものはなく何も用意しないと水洗いです。しかし衛生的に泡を使って洗いたい。スポンジも必要ないので管理が楽でした。


その他

その他に購入したものは基本的に病院内のコンビニや外の薬局で購入できます。

また、家族がすぐに用意できない場合や本人が動けない場合は、看護師に相談するとお金を私て買ってきてもらえます。(現金のみ)

なくても良いが、あったら暇つぶしになる物

  • 本・kindle
  • クロスワード・ロジック
  • 塗り絵
  • 鉛筆
  • 消しゴム
  • 色鉛筆
  • 自分の趣味(編み物・折り紙等)

・本→基本的に楽天で購入。家族に荷物と一緒に持ってきてもらう。

kindle

→iPadでも見れますが、圧倒的にAmazonで購入するkindleの方が目に優しいし、持っていても疲れないです。

※ダウンロードは無料です。

頼めば病院で処方してもらえる物

  • 保湿剤(皮膚が点滴や薬の副作用で荒れたときは、いつも処方してもらってました)
  • うがい薬

その他

その他随時必要な物は、家族に頼んで持ってきてもらう事もできますが、家族が遠方な時は厳しいですよね。

そんな時はある程度院内にあるコンビニで揃える事ができます。しかし、体調が悪かったり、無菌室に居て外に出られない場合は、看護師さんにお願いして、買ってきてもらう事もできるので、できるだけ頼りましょう。

忙しそうだから中々言い出せないという方もいると思います。(私も最初はそうでした。)しかし、それも仕事のうちだよと言ってくれる看護師さんもいたので頼めるようになりました。

そしてインターネットにて購入できるものも積極的に活用していくと良いでしょう。

また、洗濯ですが、自分の体力があったり、外に出られる環境で入院している方には洗濯機の利用ができたりします。私の病院の場合は、洗剤・柔軟剤込300円。乾燥付きで600円ほどのプランがありました。そちらも使うと良いかもしれません。

先ほどと同様、残念ながら動く事が厳しかったり、無菌室に入っていて外に出られない場合は、寝衣のレンタルサービスも行っていますので積極的にこちらのサービスを使っていくと良いと思います。こちらは有料です。

※レンタルに関しては病院によってプランが異なるので、確認しましょう。

まとめ

必要な物は最低限用意しましょう。

また、「あったら必ず提出する物」も必要です。入院時に用意できない場合は、速やかに対応して用意してください。

患者さん本人が元気で自分でできれば良いのですが、基本的に体調が悪いと思うので家族に助けてもらうと良いでしょう。

期間の短い入院も長い入院も充実させたいですよね。

役に立ったら光栄です^ ^

合わせて読んで欲しい記事↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA