ばあばから学ぶ子育て術【子供との会話・接し方・遊び方】

こんにちは、日彩乃です。

現在子育て約歴1年4ヶ月。まだまだ新米ママです。

子供が産まれてからずっと実家で暮らしています。子育てについて右も左も分からない私は、ばあば(私の母)から学ぶことがいっぱい。

私は現在闘病中の為、子育てから離れることが多いですが、ばあばには安心して子供を預けられますし、子供も愛情たっぷりに育ってることが分かります。

そして何より私達兄弟(姉と兄)はばあば(実の母)のことが今でも大好きです。

私がばあば観察し始めて良いなと思ったことをシェアします!

大人(一人の同レベルの人間)と思って接する(説得する)

例えば、子供がジュースが欲しかったとします。しかし、ジュースは冷蔵庫にも家にもありません。

買いに行くことも困難です。「ないよ。」と言っても子供は納得しません。あなたはどう接しますか?

私なら、「ないものはないよ。」とその場で言って、ジュースの代わりに牛乳かお茶を持ってきます。

しかし、ばあばは違いました。子供を冷蔵庫の前まで連れて行って「ほらないでしょ。」って。

それに加え、「牛乳とお茶ならあるけどどうする?」と聞くのです。

そうしたら子供は納得してジュースじゃない飲み物を飲み出しました。

私とばあばの対応は何が違うのでしょうか。

それは、子供を大人と同じように接してる点です。

「どうせ子供だから(適当でいいや)。」

という感情ではなく、一人の人間だと思って接しているのです。

姉にも3歳と1歳の子供がいるのですが、全員にこのように接しています。

そして、子供たちは皆、ばあばの魔法に引っかかるです(ばあばの接し方で納得するのです)。

なんでもないものを遊び道具に

ばあばは、何でもないものから子供たちが喜ぶ遊びを考え出す天才です。

ある日は、長いビニールテープを「鯉のぼり〜」と言いながら、子供達と外で遊んでいました。笑

子供達は本当に楽しそう!

また、ある日は、大きな段ボールを平にして、そこにお絵かきしだしました。

いつもより広い範囲でお絵描きができるため楽しそう!

クレヨンで描いたため、服が大変なことになりますが、洗えばきれいになる為

ばあばは見守るのみ!

この心の余裕は年の功でしょうか。

もちろんおもちゃも買いますが、何でもないものを遊びにできるって素敵だなって。

自分で楽しいを作れる!大人の創造性も高くなりそうです!

いつも楽しそう

ばあばは昔から笑い上戸。何でもないことが楽しそう。笑

子供と接してる時もいつも楽しそう。

もちろん、悪いことや相手が痛いことをしたら注意します。

それでも、子供と接している楽しそう。

そりゃ子供達はばあばが好きになるわ!

メリハリ

メリハリとは、緩るめることと張りること。 音の高低。 抑揚。 物事の強弱や緩急をはっきりさせること。

出典:語源由来辞典 https://gogen-yurai.jp/merihari/#:~:text=%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E7%B7%A9%E3%82%8B,%E7%B7%A9%E6%80%A5%E3%82%92%E3%81%AF%E3%81%A3%E3%81%8D%E3%82%8A%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%80%82

年齢のせいか子供と接してる時は基本的に携帯を触りません。

遊ぶ時は子供に集中しています。

家事をやる時は子供の安全に注意して、できるだけ他の人に子供を預けます。

子供と常に100%向き合うことは疲れてしまいますが、今は子供との時間。と決めて接しているなと感じます。

愛情たっぷり

よくばあばが子供に

「ばあばは〇〇ちゃんが大好き」

と言っているのを聞きます。

いいですよね、愛されてるって思えるのは。

私ももっと伝えていこうと思います。

頑張りすぎない

これは子供との接し方ではないですが、頑張りすぎないことも大切。

ばあば曰く、「無理をしてはいけない。ご飯が作れなかったら買えばいい。」

無理してイライラするより、自分を大切にしながら子育てする。

「ママの笑顔が一番大事。」

おっしゃる通りです。

「ママの笑顔が一番大事。」

まとめ

いかかでしたでしょうか。

ばあばは経験豊富!知識豊富!良いところは吸収していこうと思いました!

ばあばシリーズ何だかできそうな予感。

また、面白い発見があったら記事を書きますね!

我が家のばあばが子育ての参考になれば嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA